本文へジャンプ
第45回日本薬剤師会学術大会 口頭発表(講演要旨・スライド)について

    中学校での「くすり教育」に向けた当薬剤師会の取り組み   
          ―シナリオ、スライド、動画の作成―
         

 10月7(日)〜8日(祭日)浜松市において日薬学術大会が開催されました。学校薬剤師の部の口頭発表において当薬剤師会からのくすり教育に関する資材作成の発表をおこないました。当日の講演要旨と利用したスライドを掲載します。
新しい学習指導要領が公示され「平成24年度から全ての中学校で「くすり教育」が保健体育の時間に実施されることになる。
当北九州市薬剤師会としては体育教諭や養護教諭が学校現場でくすり教育授業を行う際に活用できる資材や情報提供を行い学校薬剤師がアドバイザーとして支援する方向で準備中である。
この度、くすり教育で活用できるパワーポイント、シナリオ、DVDをシナリオ検討委員会で試作版を作成したのでご紹介する。北九州市薬剤師会としてくすりの適正使用協議会より講師を招聘し「くすり教育」に向け2回学校薬剤師講習会を開催してきた。
この2回の講習会を参考としながら、昨年シナリオ検討委員会を立ち上げた。シナリオ検討委員会の委員は市内5区の薬剤師会からの推薦で各区1名合計5名の学校薬剤師で構成されている。
くすりの適正使用協議会からの資料や「薬の正しい使い方(中学校編)」(日本学校保健会)を参考にした。出来るだけ自前で作成し、イメージ通りに表現出来ないイラストなどは専門業者に依頼することになった。シナリオ検討員会で準備したシナリオならびにスライド資料・動画などを組み合わせてDVDを作成した。
今回作成したDVD資材は2月17日開催の学校薬剤師講習会においてシナリオ検討委員会より中学校での「くすり教育」と学校薬剤師との係わりの中で紹介された。
毎年、小・中学のプール開きの前に市内各区薬剤師会ならびに学校薬剤師部会が体育教諭や養護教諭を対象に6月初旬にプール管理者講習会を開催している。今年度のプール管理者講習会の折に例年の講習内容に付加する形で今回作成したDVDの映写と内容を説明予定である。初版のDVD資材となるので講習会参加者の意見や要望を加味しながらより使いやすい資材として改善していければと考える。

学薬講習会の様子(くすり教育資材の紹介内容)動画もご覧下さい