kitakyuusyusiyakuzaisikai 本文へジャンプ
公益社団法人北九州市薬剤師会のホームページへようこそ
                                  

お知らせ
 
 






北九州市薬剤師会は、昭和38年の5市合併に伴い北九州市制発足と同時に行政窓口との一本化を目指し設立されました。現在会員数が約1000名の北九州市5区(門司、小倉、戸畑、若松、八幡)を取りまとめる薬剤師会であります。昭和45年に公益法人に認可されました。公益法人改革に伴い、平成24年4月1日公益社団法人に移行しました。
薬の専門家として、地域住民の命と健康を守るため、様々な分野で社会に貢献できるように公益事業を行っています。

 地域の休日急患医療体制を守るために、北九州市の夜間・休日急患センターや門司、若松のサブセンターへ会員薬剤師を派遣し交代で調剤業務に従事しています。
 学校薬剤師の活動においては、飲料水・プール水など学校の環境衛生検査を実施するとともに、学校での薬物の乱用防止教室の講師として参加し啓発活動を行っています。平成24年度から中学校で実施されている「くすり教育」用の資材を学校現場で活用できるようにしております。

 当会の試験検査センターでは、井戸水、水道水をはじめ医薬品・健康食品・化粧品、学校の環境など様々な検査を通して住民の公衆衛生向上に寄与しています。

 北九州市薬剤師会の活動ならびに試験検査センターの仕事の内容について、このホームページをご覧いただき、ご理解いただけたら幸いです。
 ホームページをご覧になられて、お気づきの点等、当薬剤師会にお寄せください。

                                     会長 小野 春夫




平成24年4月1日より公益社団法人としてスタートしました。